• 色・香・光がテーマのお教室

    子どものコンコン咳に良いと聞いて。

    erbavivaというブランドの、チェストバームとボディローションです。

    このエルバビーバというブランドは1996年カルフォルニアで誕生した 、

    ピュアでナチュラル、オーガニックな製品を世界中にお届けするブランドなんだそうです。

    erbaviva公式サイトはこちらから

    (サイト内を見てみるとママ向けの物とか、ベビー向けの物とか

    妊娠出産のお祝いに贈ると喜ばれそうな商品が沢山ありました。また、後でゆっくり見てみようと思います。)

    これ、本当は日本で買おうと思っていたんですが

    大手ECサイトで調べたら、左のバーム(50g)で1万越えで売っていて、

    いやいやいや、それはないだろう!と画面に向かって突っ込んだのが

    海外から取り寄せようと思ったきっかけなんです。

    多少アロマをかじったことがある方なら、なんとなくわかるかと思うんですが、

    いわゆる蜜蝋クリームアロマ入り、みたいなクリームなわけですよ。

    それが1万円こえるって、高すぎない?ってなりませんか???

    ならない方もいらっしゃるかと思いますが、私はなったんですね(笑)

    そこで、だったら、海外のショップから見つけて買ったほうが安いんじゃないか?

    という結論に至り、探してみたらすぐ見つかったので、取り寄せてみました。

    そうしたらですね、約半額ですね。日本で売っていた価格の。

    そんな価格で入手することが出来ました。

    (これは、輸入物販もお仕事でやっているので、超簡単に探せたし、買えたというカラクリがあります・笑)


    でも何で、そもそもこのバームを取り寄せようかと思ったかというと、

    (むしろそっちが本題なんですが…)

    下の子が咳がひどくて、お薬に頼る以外で何かないかな?と探していたところ

    オススメ!と紹介されていたのが、このバームだったんです。

    (いわゆるヴェ○ラップみたいなものです)

    「アロマ出来るなら、自分で作ったらどうですか?」というお声も聞こえてきそうですが、

    今は私、手元にある精油って少数精鋭部隊で、よく使うもの以外は持っていないんです。

    で、このバームを作るために、いろいろブレンドするオイルを買うくらいなら、

    ブレンドしてあるものを買ったほうが早いんじゃないの?と思ったんです。

    実際、買ったけど、1度のアロマクラフトで使わなくなってしまった精油がある、

    というのは、アロマを勉強したことがある方なら「あるある」の1つじゃないでしょうか(笑)

    一時期は、沢山持っていることが良いと思っていたこともあるし

    沢山使うのが良いと思っていたこともありますが、

    結局私のアロマとのベストな付き合い方は、「引き算」だったのだなーと、今になって思います。

    そんな引き算の中でも、使ってみたかったこのバーム。

    優しい香りで、塗りやすく、本当に子供向けのアロマバームだな、って思います。

    コンコン咳がすぐに止まるということはありませんが、少しは楽そうにしています。

    私が作る風邪用のアロマブレンドオイルより、優しい香りです。

    ↑買って良かった!


    もしこのバーム、使ってみたい!という方がいらしたら、

    日本で納得できる価格で売っていなかったら、海外から取り寄せるのがおすすめです。

    割れたり、液漏れもなく、きちんと綺麗に梱包して届くので大丈夫ですよ~。